爪水虫の辛い痒みを緩和する|長期スパンで治療しよう

白癬菌が原因の皮膚の疾患

病棟

水虫は白癬菌というカビの一種が、皮膚の角質層に侵入することで発症する皮膚の疾患です。人から人へ感染する疾患ですので、痒みを感じたり、皮膚が赤く、または白く変色しふやけている場合には早期に皮膚科での治療を行いましょう。治療は足の水虫の場合は外用薬、爪水虫の場合には内服薬が処方されるのが一般的です。

More Detail

確実な治療の方法

フット

水虫には皮膚水虫と爪水虫の2つが存在していて、どちらも白癬菌が原因となる疾患です。白癬菌はカビの一種ですから、抗真菌薬の塗り薬か飲み薬のいずれかを使用して治療を行います。このうち皮膚水虫については、飲み薬を使用することは少なくて、塗り薬が中心です。これに対して爪水虫は、塗り薬を使用しても効果が少ないことから、飲み薬を中心に使用します。ただし爪水虫の場合には、皮膚水虫の併発が多いことが特徴です。そのため爪水虫では、塗り薬と飲み薬を併用することも珍しくありません。このうち飲み薬については、医療用医薬品だけしか存在していません。したがって爪水虫の治療は、皮膚科を受診して治療を受けることが人気になっています。

また爪水虫の治療は、このような飲み薬を使用していても、長期を要することが特徴です。具体的な治療期間については、個々の病状によって異なります。しかしほとんどの爪水虫の治療は、3か月から6か月程度の期間を要することが一般的です。ここで問題になるのが、どの時点で治療を終了するかです。爪水虫は自覚症状に乏しいですし、治療の後半になると、外見上の変化も改善されます。すると患者が自分で判断して、途中で治療を終了してしまうことも珍しくありません。ところがこの段階であっても、白癬菌が残っていて、元の状態に戻ってしまう可能性があります。したがって爪水虫の治療は、最後まで皮膚科の医師の指示に基づいて行うと、確実な治療ができます。

症状に合った対応

医者

京都にある皮膚科では、症状に応じた処置やお薬の処方を行っています。また、初めて、皮膚科にかかる時には予約ができるのか聞いてみるといいでしょう。もし、小さいお子さんの場合は、小児科と皮膚科のどちらを受診をするのか聞いてみるのもいいでしょう。

More Detail

どこに行くかを決めるコツ

病室

京都にもいろんな皮膚科があるため、どこに行くのか迷うなら、インターネットで評判をチェックしておきたいです。人目を避けたいなら、奥まったところに行けば良いですし、自宅の近くであればすぐに相談でき、キッズスペースがあれば、ご両親は安心して治療が受けられます。

More Detail