爪水虫の辛い痒みを緩和する|長期スパンで治療しよう

白癬菌が原因の皮膚の疾患

病棟

「水虫」と聞くと中高年の男性に発症の多いイメージですが、近年では若い人や女性の発症も増加傾向にあります。水虫は「白癬菌」と言うカビの一種が皮膚の角質層に侵入し、増殖することで引き起こされる皮膚の疾患です。白癬菌は体のどの部位にも感染する菌ですが、増殖するのは殆ど足とされています。その理由が足は、仕事などで一日中靴下や靴を履き続けなければならず、多湿の状態が長く続きカビ菌が増殖しやすい環境である為です。近年女性の発症が増えているのは、働く女性が増えたことにより、女性も一日中靴下や靴を履き続ける時間が長くなった為とされています。殆どの水虫が足の指の間に発症しますが、爪に白癬菌が侵入し「爪水虫」となるケースもあります。

水虫は白癬菌が感染する場所によって、症状の現れ方にも特徴が見られます。特に発症が多いのが「足の指の間」です。赤く変色し薄皮がめくれたり、白っぽくなり、ふやけたようになるのが特徴です。また個人差もありますが、痒みや痛みといった症状が出ることもあります。これらの症状が現れたら、水虫は人から人へ感染しやすい疾患ですので、早期に皮膚科を受診し治療を行って下さい。皮膚科での治療は、内服薬と外用薬を使って様子を見るのが基本です。足の指などの水虫には外用薬が、爪水虫には内服薬が処方されるのが一般的です。足の水虫の場合は、外用薬を2ヶ月から3ヶ月ほど継続すれば確実に完治できます。しかし爪水虫の場合は長期的な治療となるのが特徴で、早くて4ヶ月から半年ほど、長い人で1年治療を必要とすることもあります。